Javaフリーエンジニア
エージェント比較

フリーエンジニア、フリーランスエンジニア必見!

有名エージェント(案件紹介サイト)の
ホントの比較。

信用できる、安心できる、
ちゃんとしているエージェントはどこ?

このサイトについて

このサイトはフリーランスエンジニア(フリーエンジニア)に案件を紹介しているエージェント(案件紹介サービス)の比較サイトで、特にJavaに特化して比較しています。
SES(システムエンジニアリングサービス)が盛んになるにつれて、数多くのエージェントが乱立している昨今、エンジニアの立場に立てばエージェントを選ぶ選択肢が増えた面もありますが、その実情は玉石混交ともいえる状況です。
では、「良いエージェント」とはどのような会社やサービスなのでしょうか?
案件数、案件単価、案件の多様性…。数えだすときりがないほど色々な判断基準が存在しますが、そのひとつが「安心できる、信頼できる」という点ではないかと考えます。
このサイトでは、フリーランスとして仕事を探すからこそ、非常に重要な意味を持つ「安心し、信頼できるエージェント」がどこなのかを比較するサイトです。
そのためすべてのエージェントを記載するのではなく、長くSESを提供している歴史がある会社で、かつ知名度の高い有名エージェントにしぼって比較をしています。
また、当サイトが考える「安心、信頼できる」上で重要な項目にそれぞれで点数づけし、それらを総合した結果の比較ランキングを提供しています。

サイトイメージ

Javaで多い案件例

Javaの特徴は"Write once, run anywhere"。
OSに依存することなくどんなプラットフォームでも実行できる。

Javaで多い案件を説明するには、まずJavaがどんな言語かを整理することが大切です。
この言語を表現するために「Write once, run anywhere.」という文章があるのですが、まさに特徴を集約しているといって良い一文です。
Javaは、プラットフォームに依存することなく実行できるプログラミング言語で、具体的にはWindowsやMacOS、Linux、UNIXなど「OSが何であるか」にかかわらず様々な環境で実行することが可能です。
その他にも「処理速度が速い」「セキュリティが高い」「(使用者が多いため)ライブラリが豊富」といった面もメリットとしてあげられるため、Javaはエンジニアから非常に人気の高い言語であると同時に、その言語的有用性からJavaエンジニアの需要は非常に旺盛です。
Androidアプリの開発用プログラミング言語としてJavaが採用されていることも、Javaのニーズを下支えしています。

パッケージソフト開発

「パッケージソフトの開発エンジニア」はJava案件のエンジニア募集でよく見られる、数も多い案件内容のひとつです。
Javaは、その汎用性や有用性の高さから、ECパッケージソフトのバックエンドなどによく使われています。

ECサイト開発・保守

上のパッケージソフト開発の説明でも少し触れましたが、JavaはECサイトの開発でもよく使用されます。
特に大規模開発の場合は多くのケースでJavaによる開発となります。
また開発現場だけでなく、同時に既に稼働しているECサイトの保守もECサイトの増加に伴い案件数が増えており、その面からもJavaのニーズが増加しています。

基幹システム開発

Javaはその他の言語と比較して安定性が高く、セキュリティ面で信頼されており、堅牢性の高さも売りのひとつである言語です。
セキュリティに強みがあるため、銀行や証券会社など、金融系の特に強固なセキュリティが求められる基幹システムにも利用されるケースが多くあります。

業務アプリケーション開発

Javaはアプリケーションの開発との相性が良く、業務アプリの開発にもよく使用されています。
例えば、企業の業務システムや金融機関の会計システム、運送会社の配送システムなどがJavaで開発されているシステムとしては例が多くあります。

WEBシステム開発

JavaはWebサービスとも相性が良いといえます。
Android Appなどのスマートフォン向けアプリやWeb App、SNSアプリなどに使用されることが多くあります。
有名どころとしては、TwitterがJavaで開発されていることなどは広く知られている話です。

Javaの案件単価

60万円~100万円がボリュームゾーン。
100万円を超える単価の案件も!

Javaはその特徴から幅広い内容の開発案件が数多く存在し、常にエンジニアの募集があるニーズの高い言語です。
また、力量にもよりますが比較的単価も高めに設定されていることが多く、ボリュームゾーンも60〜100万円となっています。

  • 全案件の5%

    100万円〜

    数は少ないですが、100万円を超える単価の案件も存在します。
    内容としてはスマートフォンのネイティブアプリ開発などが多く見られます。
    また、ポジションとしてもPMやPLなどプロジェクト管理能力に対するニーズが高いため、そのポジションでの募集も単価が高くなります。

  • 全案件の30%

    80万〜100万円

    ボリュームゾーンの中でも単価が高くなる傾向の案件として多く見られるのは、Webアプリケーションや情報メディア系の開発案件など、Web系案件が中心となっています。

  • 全案件の50%

    60万〜80万円

    数が最も多い単価帯は、案件の顔ぶれも様々です。
    特に偏った案件の傾向はなく、業種や用途も幅広く、Webから業務アプリまで多様な案件が存在します。
    種類や規模にもよりますが、ECサイトの開発などはこの単価レンジで募集されることが多いようです。

  • 全案件の15%

    〜60万円

    60万円以下となると、逆に数が少なくなる傾向にあります。
    どちらかといえば案件内容に起因する単価帯というよりは、エンジニアの熟練度や経験からより歴が浅いことにより単価が下がるケースが多いようです。

Javaで求められる経験値

1年〜5年の経験でOKの案件が全体の約9割。
1年未満の経験OKも10%弱存在します。

Javaは使用者が多いため、数多くのライブラリやリファレンスが存在し、Web上でも初心者用から開発者用まで非常にたくさんの情報が見つかります。
そのため、学習しやすく独学からでも始めることが不可能ではありません。
また、1年前後の経験でも力があれば獲得できる案件は数多く存在します。

  • 全案件の3%

    実務経験5年以上

    経験年数として非常に優位性は高いですが、案件として5年以上の経験を求めているものの数は多くはありません。
    基準をあげすぎるとエンジニアが集まりにくいという側面も影響していると思われます。

  • 全案件の60%

    実務経験3年〜5年

    非常に需要の高いレンジです。
    もちろん経験した案件の内容や数にもよりますが、ほぼ全ての案件で活躍する機会があると思われます。

  • 全案件の30%

    実務経験1年〜3年

    実務経験3年以上と比べるとニーズは少なくなりますが、Javaエンジニア自体の需要が高いため、経験年数が少なくても獲得できる案件や、1年前後の経験で受け付けている案件も多く見られます。

  • 全案件の7%

    実務経験1年未満

    1年未満はやはり募集自体が少ないです。
    とはいえ、完全に門が閉ざされているわけではなく、募集自体は数が少ないものの存在はします。
    経験のなさをどこまで学習と意欲でカバーできるかがキーになりそうです。

Javaのスキル取得

独学でJavaのスキルを伸ばすためには。

フリーエンジニアはどうしても経験者の方が有利です。
しかし、独学で力を伸ばすことで優位性を高めていくことも十分可能です。
独学でJavaを学習できるサイトをいくつかまとめました。
こちらも有名どころを5つ紹介します。

Java初心者入門講座 未経験者向け 無料 文章でJavaに関する情報を基礎知識からまとめてある情報サイトです。
ドットインストール 未経験者向け 無料 動画を見て覚えるスタイルです。
動画は約3分と短めにまとめてあります。
Progate(プロゲート) 初心者向け〜 無料〜有料 実際に書いて覚えるスタイルです。
Java以外のコースも多くあります。
TECHACADEMY 初心者向け〜 有料 自宅学習向けの有料サイトです。
Schoo 初心者向け〜 有料 複数の講座が用意されている有料サイトです。